FC2ブログ

いこままブラス♪


生駒市民吹奏楽団「いこままブラス♪」の公式ブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2019年6月16日(日) いこすいフェスタ2019

生駒市民吹奏楽団 第2回演奏会 いこすいフェスタ2019 ~夏への扉~

昨年の7月8日(日)に開催予定だった「生駒市民吹奏楽団コンサート2018」。平成30年7月豪雨と命名され、西日本を中心に全国的に広い範囲で集中豪雨の膨大な影響を受けました。わがまち生駒市でも主催者の災害対策対応のため演奏会は中止となりました。
あれから約1年、生駒市民吹奏楽団演奏会としては結成記念コンサート以来、2回目の開催となります。昨日は夕方頃から雨が降り、お天気がどうなるか心配しましたが、今朝はこのシーズンならではの梅雨曇り(梅雨入りはまだなのですが)。
ステージで演奏できる喜び・たくさんのお客様が足を運んでくださることに改めて感謝し、今日の日を、この機会を大切にしていきたいと思いました。

[9時] たけまるホール客席集合
いこすい楽団長水上さんの挨拶後、早速いこままのリハーサルがスタート。

[9時半~] リハーサル
リハーサルは、いこままキッズたちのダンスと一緒にお届けする「パプリカ」から。初めて一緒に練習できるのが本番当日のリハーサルということで、みんな無事に舞台に上がることができるかな?ドキドキして固まってしまったりしないかな?…と、みんなが見守る中始まったリハーサルでしたが…
そんな心配は無用でした!みんなスゴイ!音楽が始まると自然に体が動いて、ノリノリで踊ってくれていました。もう、ただただ可愛い!
キッズダンサーは総勢15名だったので、舞台に立つと少し窮屈で踊りにくいかな?と心配していましたが、みんな小さくてとっても可愛いので、まだ余裕がありました。大人が立つとこうはいかない…(笑)
今回は、3歳から小学3年生までのキッズが集まってくれましたが、可愛いキッズたちの踊りにメンバーは終始癒されておりました。リハーサルでは、入場や退場を繰り返し練習してみたり、MCからの流れを確認したり…と、たっぷり練習したので、汗だくになっているキッズも。みんなすごく頑張ってくれました!!

「パプリカ」の後は、「ヨハネス・ファンタジア」、「ジャパニーズグラフィティXX小林亜星作品集」、「ABBA GOLD」を通して、演出の確認などした後、「ヨハネス・ファンタジア」の部分練習を少ししました。


[10時40分] 受付設置や招待席・撮影席の確保など。
普段は、前日夜にこの作業を行うことが多いのですが、今回は本番前の作業となりました。時間内に出来るか心配しましたが、何回もたけまるホールでの本番を経験させてもらっているいこまま。勝手が分かっていてパパッと完了。

一方、リハーサルでもたっぷり頑張ってくれたパプリカチームは、お部屋を移動して再び練習!


ここでは、ママたちが作ってくれたとっても可愛いお花や葉っぱの飾りを本番と同じように着けて、ダンスのキメ部分を確認したり、元気にお返事をする練習をしました。今回、歌のお母さんを担当してくれたTrbのTさんのお話をしっかり聞いて、みんなビックリするぐらい大きなお声でお返事できるようになりました!
途中、お疲れも出てきて、お腹も空いてきて、ポロリと涙がこぼれるキッズも…。でも、そんな姿もとっても微笑ましく、みんなで癒されていました(#^.^#)
みんな、本当にお疲れさまでした!!

[12時50分] 合同リハーサル
舞台に全員乗れるかな?譜面台出しの動きや立ち位置などを確認しました。
そして全員で記念撮影。

撮影後、各自音出しと、コンマスさんによるチューニングと基礎練を行い、いよいよ舞台袖にてスタンバイ!

[14時開演]
トップバッターは いこままブラス♪
①ヨハネス・ファンタジア
ヨハネス・ブラームスの交響曲第1番第4楽章に出てくる旋律を引用して作曲されました。クラシックファンの方でしたら、メインのフレーズを使われていることがお分かりいただけたのではないでしょうか。特に、中低音のアンサンブルやホルンの力強く雄大な旋律が印象的。後半の管・打楽器揃って盛り上がるクライマックス部分は、演奏している私たちも気持ち良かったです。約3ヶ月間練習に取り組み、ベース・メロディ・裏メロディのテンポ間があわなかったり音型やバランスが悪かったりと、先生には同じ個所を何度も丁寧に繰り返しご指導いただき、本番に間に合うのかドキドキしましたがこの曲は今日で吹きおさめ(かな?)。いつもの本番集中モードで(?)、今までで一番いい演奏に仕上がったのではないでしょうか?

この曲は2016年に作られたもので、他の団体ではほとんど演奏されてないそうです。いこままがきっかけになって、奈良県内で演奏する団体が増えるといいですね。

②パプリカ
「NHK2020年応援ソング」として米津玄師さんがプロデュースした楽曲。
今回、歌のお母さんデビューのTrbのTさん、MCのアドリブも抜群!優しい歌声が会場いっぱいに広がりました。そしてこの曲に花を添えてくれたいこままキッズダンサーのみなさん、我らが誇る制作チームが作った花や葉っぱの飾りを付けて、元気いっぱいに踊ってくれました。子どもたちの一生懸命な姿を見るとパワーをもらい、とても幸せな気持ちになりますね。




③ジャパニーズ・グラフィティXX 小林亜星作品集
CMやアニメソング、演歌など幅広い音楽を生み出しているヒットメーカー、小林亜星さんの作品集。幅広い年齢層にお楽しみいただけるよう、演出を入れてお届けしました。 



個人的に「パッとさいでりあ」を思わず口ずさんでしまうのですが、、これぞCMソングパワー。あっ、年代がバレてしまいますね・・・。皆様は何か印象に残ったフレーズはありましたでしょうか?

④「ABBA GOLD」より
3/10の第2回いこま吹奏楽の日に演奏して今回が2回目ということもあり、以前よりも落ち着いて、底抜けに明るくて楽しい演出になるよう余裕を持って演奏しました。


4曲それぞれ雰囲気の違った曲を演奏し、いこままの持ち味を披露させたもらえたかと思います。
そして今回、演奏を助けてくれた元メンバーのTpのMさん、お忙しい中本当にありがとう!

いこまま演奏後、小紫市長よりご挨拶を頂戴いただきました。ご公務でお忙しい中、誠にありがとうございました。


[14時40分] いこまファミリア吹奏楽団
①2019年度全日本吹奏楽コンクール課題曲 マーチ「エイプリル・リーフ」
②エンジェル・イン・ザ・ダーク
③Summer
④「アラジン」より ホール・ニュー・ワールド
⑤Don’t Stop Me Now
エンジェル・イン・ザ・ダーク、名前の通り天使の光と闇が交差するような、ドラマティックで迫力のある曲です。こんな曲も演奏してみたいです。今年度は、吹奏楽コンクールに初挑戦されるとのことだそうで、いこすいメンバーとして応援しています!頑張ってください♪

休憩を挟んで
[15時20分] 生駒ウインドオーケストラ
①POPPO POPPO ~はとぽっぽの世界旅行!~
②吹奏楽のための交響詩「ぐるりよざ」
馴染みのある「はとぽっぽ」をモチーフに、古今東西の管弦楽曲や曲調を引用しながらアレンジされた曲で、世界旅行をしているような楽しい気分になりました。
2曲目はガラッと雰囲気が変わって、龍笛奏者 中原詳人さまをお迎えしての演奏。鎖国時代、長崎の隠れキリシタンの文化に着想を得て作られた曲で、パンフレットにも書かれてる通り歴史を描いた音楽絵巻です。龍笛という雅楽の楽器と吹奏楽の融合は初めて聞きましたが、その龍笛の持つ雰囲気、壮大なスケールの曲想、そしてウインドさんのサウンドに魅了されました。

[16時] 合同演奏
最後は、3団体約150名が集合して大合奏「オーメンズ・オブ・ラブ」大迫力の演奏です。
元々はT-SQUAREの曲ですが、吹奏楽では定番の曲。指揮は三宅先生です。



終演後は3団体で分担して、打楽器を図書会館に運搬するメンバー・受付や会場片付けをするメンバーなど、手際よく片付けた後、終礼後に解散となりました。
次に3団体が揃っての本番は、年度末開催予定の「第3回 いこま吹奏楽の日」。それまでは各団体での活動になりますが、メンバーが足りないとか困ったことがあればいこすいの強みを活かして、お互い協力し合って活動できたらいいですね。生駒ウインドさん・いこまファミリアさんから刺激をもらって、練習に励みたいと思います。

本番後、希望者での打ち上げパーティ。本日お世話になった市長・市役所の方々・先生方・司会の佐々木さん・3団体の皆さんが集まり、交流の場となりました。
uchiage_convert_20190617181831.jpg

本日のご来場者数は 764名様。
たくさんの皆様にご来場いただきまして誠にありがとうございました。
これからも、地域の皆様に愛され応援していただけるよう、音楽のまち生駒を盛り上げる存在として担っていきたいと思います。

祝電を頂戴しました、KⅡ- HINTSファミリー・ウインドアンサンブル様
開演のご挨拶を頂戴しました小紫雅史生駒市長、今回のコンサートも司会をお引き受けくださいました佐々木ひろみ様、撮影担当のビデオゴイス様・西村様、受付スタッフの皆様、託児でお世話になったきらきら星様、多方面からいつも支えてくださっている生駒市生涯学習課の皆様、演出サポートにご協力いただいたキッズのお母さん、私たちを応援してくださる皆様。そして、生駒ウインドオーケストラ・いこまファミリア吹奏楽団の皆さん。私たちいこままブラス♪のために、愛のムチでご指導くださる福島秀行先生、この場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございました。

本日のブログは、いこままブラス♪事務局のK&Nでした。

当日お配りしたパンフレットいこすいフェスタ2019パンフレット

◆出演人数
ピッコロ&フルート:7人/クラリネット:10人/バスクラリネット:1人/アルトサックス:5人/テナーサックス:2人/バリトンサックス:1人/トランペット:6人(うちエキストラ:1人)/ホルン:4人/トロンボーン:4人/ユーフォニアム:2人/チューバ:2人/コントラバス:1人/パーカッション:6人
いこままキッズダンサー:15人
指揮者:1人

| 2019年5-8月 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



   ◆◇◆[HOME]へ移動◆◇◆